子供とゲームで遊ぶのは、平日だとお風呂上がり。
ちょこっと寝るまで時間がある…ってときに。

今回はジェンガ。
黒・赤・塗装なし(うちでは便宜的に”白”と呼んでいる)の3色に塗り分けられているジェンガ ウルティメイトを買いました。


スタンダードな塗装なしのジェンガよりも、見た目が楽しいし、ゲーム性が高まるんでは?と思ってこっちにしました。8面体のダイス(黒、赤、白と、色指定が無効になる星マークの4種の目がある)を振って、出た目の色と同じブロックをひっこ抜いて一番上に載せる。実際遊んでみると、色指定があった方が引き抜くブロックの選択肢が狭まって、選ぶのが楽。それと、どんなダイスの目が出るのかという楽しみもある。子供にとっては、ダイスを転がすこと自体が楽しいし。

パッケージには対象年齢が書いてないけど、3才6ヶ月でも楽しく遊べました。ブロックをちょんちょんと押してみて、「あーだめだ」とか、抜いちゃいけないブロックを見定めるのも上手。しかも私から見ると危なげなブロックもためらいなく引っこ抜いて、 若干タワーが揺れてる状態でこちらの手番になったりして、下手に大人相手にやるよりもスリリング。子供におつきあいする、というよりこちらもけっこう本気でドキドキ楽しめる。

D1294367
自分の手元が見えなくても思いっきり抜く! 

遊び終わると、きれいにケースにしまってくれます。トミカとかも遊んだあとそうしてほしいな…


ジェンガ ウルティメイト
タカラトミーマーケティング
2014-07-23

 


にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村