子供、5才2ヶ月。

ニンテンドースイッチが家に来てからというもの、マリオカートやスプラトゥーン2にどっぷりはまり、このブログの主軸であるアナログゲームをやる機会が減ってしまいました。

今回もカードゲームやろう!と誘ってもあまり気乗りはしてなかったけれど、やってみたら「もう1回やろう!」と連続で遊べたのがこれ。



Wig Out! (GAMEWRIGHT) 2004年
<対象年齢>6才~
<人数>2~6人
<ゲームのタイプ>反射系

[画像:d8a9e5ea-s.jpg]

<手順の概要>--------------------
山札から2枚めくり、場に置く。

場に出たカードと同じ柄のカードが手札にあれば重ねるように出す。場にない柄、例えば犬のカードは、手札に2枚以上あればまとめて場に出せる(以降は犬カードを1枚しか持ってなかった人が出せるようになる)。

出せるカードがなくなったら山札から引く。

手札をはやくなくした人が勝ち。
--------------------

トランプの「スピード」が簡単になったようなゴーアウト系のゲーム。

[画像:51f106d6-s.jpg]

ブサ猫のカードがかわいくて買いました。

子供はルールをすぐ覚えたけど、手札を扇形に持つのがまだ苦手なので机に表にして置いてました。見えちゃうけどむしろ手加減してあげられるので問題なし。

年の近い子が集まる時や、6人近く人が集まる時にわちゃわちゃとやってみたいです。












にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 子供のおもちゃ・玩具へ
にほんブログ村