子供、4才9ヶ月。

すごろくやさんの通販で、HABAのゲームを買いました。 

 
tinypark1

タイニーパーク(HABA) Marco Teubner作 2017年
<対象年齢>5~99才

<人数>2~4人
<ゲームのタイプ>パズル系
 
手番でやることは、
・6種類の絵柄が描かれたダイス5個を振り、出た目と同じ絵柄が全て含まれているタイルピースを1個もらう。
・1回でうまく欲しい絵柄が揃わなかった時は、欲しい絵柄の出たダイスはそのままキープして、残りを振り直す。振り直しは2回可能。
・そうして最高3回までダイスを振って、タイルピースを得られたら自分の遊園地ボードに配置する。

同じ形のピースは全て積み上げておいて、一番上のピースから獲得していきます。同じ形のピースでも絵柄の組み合わせが違うので、ピースが取られるたびにダイスで出したい絵柄が変わっていきます。

tinypark3
 
先にボードのマスをすべてタイルピースで埋めた方が勝ち。 

子供はルールをすぐに覚えて、大きなピースを獲得した方が早く勝利に近づくことも理解していました。けども、大きなピースだけをターゲットに定めて、2~3マス分のピースが得られそうなダイス目も振り直してしまう。待ちを広げるようにキープするダイスを選択することはまだできなかったです。なので、大きいピースを取るか、何も取れないかのどちらかになりやすく、まだ大人が手加減しないと勝たせてあげられません。それでも、(接待プレイのおかげで)勝つと大喜びで「楽しかったなあー」とのこと。少しずつ勝つコツに気づいていってくれるといいな。

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村