子供、4才0ヶ月。

ゲームマーケットで購入したひつじ算、引き続きたまに取り出して遊んでいます。
前回の記事は→こちら

sheep2
(画像は鍋野企画さんのブログよりお借りしました) 
 
遊び始めた頃は、新しくカードを引くたびに羊を「1、2…」と1枚目から数え直していたけれど、最近では3のカードの後に2のカードを引いたとすると「1、2、3、(2のカードを引く)4、5!」と続きからカウントアップする小技を身につけて少し効率アップ!足し算はまだできないけど、少しずつ数に親しんでるかんじはします。

勝ち負けの判定は、得られたカードに描かれた羊の頭数の合計が多かった人が勝ち、というルールで、「羊全部数えるの!めんどくさー!」と思ってたんですが。これが実は、子供に集計させるとたくさんの数を数える経験になる、ということにようやく最近気付きました。
「63!勝ちー!」などと、遊びながら10以上の大きな数に親しめるところがよいと思いました。



 
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村