きょうは何して遊ぶ?~子供とアナログゲームする日記~

6才と遊べるゲームを探しつつ遊んでる記録

ここはアナログゲームに関するブログなのですが、他に記録する場所も持ってないので、唐突ながら旅行の記録を書きます。
ボードゲームも買ったりしたので、その話は後ほど。

【行き先】ロシア・ハバロフスク
【日程】4日間  1日目と4日目は移動日で、2・3日目がフリープランの1人ツアー
【目的】街歩きと買物(ボードゲームショップには必ず行きたい)

ロシア旅行はサンクトペテルブルク、モスクワ、ウラジオストクに次いで4都市目。

~つづく~


昨年、テンデイズゲームズさんから通販で テオティワカン:シティオブゴッズ を注文する時、送料無料にするためについで買いしたのがこのガイアプロジェクト。

まだ未プレイで、ルール量がヘビーらしいということは知っていて、なかなか開封する気力がわかず、ずっと段ボール箱から出さないまま3ヶ月放置してました… 送料無料にはなったけど、ガイアプロジェクトで遊ばないのなら送料実質10000円…

が!新年早々遊ぶ機会があり、評判どおりとても面白かったのですよね!ソロプレイもできるので、早速うちのガイアも使って遊んでみました!


タイルもコマもどっさり入ってて、コマ類を収納したチャック袋は余裕で20袋を超え、雪崩が起きそうになるし、この大箱でもギリギリ入るくらいの量なんですよね。

これは内箱が必要。

市販の組み立てるだけの内箱、オーガナイザーもあるけど、やっぱり自作が楽しい!
続きを読む

4
子供、6才0ヶ月。
ちょっと考えどころのあるゲームだと、面倒くさがってやりたがらない子のために、単純そのものの直球バランスゲームを与えてみました。

対象人数:2~6人
対象年齢:6才~
メーカー:KIDDY KID/ホビージャパン

台湾のゲームの日本語版

ゲームは単純。タイトルが全てを物語っていますが、グラグラと不安定な舟の上に動物フィギュアを載せていき、舟を傾けて動物を全部落としてしまったら負け。

IMG_20180729_070053

箱舟の構造。中央の一点で支柱が支えてる。

手番が来たら動物カードをめくり、出た動物のフィギュアを載せていきます。動物は小さなヒツジから大きなゾウまでサイズも重さも違う15種×2体。ゾウはごく序盤に出ても箱舟をひっくり返すかなりのバランスブレイカーなので、そもそも乗船候補から外れていただく調整をして遊びました

IMG_20180729_065226

初プレイ時。中央から載せていってみたけど、後半に大きめの動物を端の方に置かざるをえなくなるので転覆しやすいことに気づく。

IMG_20180729_065430

なので今度は序盤はパーソナルスペースを確保し、動物たちの精神衛生にも配慮した箱舟コミュニティを形成していきました。

IMG_20180729_065538

そしたら割ともりもりに乗れた!

転覆する時は動物たちがザザーッと甲板から滑り落ちるので、子供はゲラゲラ笑ってました(テーマを鑑みると不謹慎?)。6回くらい立て続けに遊びました。

キリンが立たないとか動物カードの画像が粗いとか、コンポーネントのクオリティにはだいぶ難ありだけど、子供が楽しんだので全てよし!

IMG_20180728_154457

あたり前かもしれないけどコアラも立つよね!

↑このページのトップヘ